ソファはどうやって洗えばいい? 布製ソファのシミ抜き・ダニ予防・お手入れまとめ


布製ソファは、汚れやシミが落ちにくく、お手入れが大変そう…とのイメージがあるかもしれませんが、正しい方法を知っていれば、それほど恐れるモノではありません。

汚れるのが嫌だから布製ソファはやめとこう、と思ってしまう前に、お手入れ方法を学んでみましょう。

目次

ソファは洗えますか?

ソファは洗えますか?という質問をいただくことがありますが、結論から言うと、

ソファは洗えません

布製、革製、ともに、ソファをまるごと洗う、クッションをバラバラにして丸洗いする、というのは、基本的には出来ないと思ったほうが良いです。

ソファを洗う代わりにカバーを洗濯したり、固く絞った布で拭いたり、部分的にしみ抜きをしたり、という方法でお手入れをすることになります。

普段のお手入れの方法

普段のお手入れは、固く絞った布で拭くだけでOK。

クッションのすき間などにゴミが落ちているときは、ゴミもとりましょう。

クッション座面や、クッションが外せる場合は外したところにも、掃除機をかけましょう。

習慣にすれば、汚れや匂いなどの防止にもなります。

時々するお手入れ

ソファのクッションのカバーが外せるようになっていたら、時々お洗濯しましょう

長く使いたいソファの場合は、購入時に同じカバーを2つ買っておくと、洗い替えになるのでおすすめです。
特に小さなお子さんがいる場合は、汚してしまうこともあると思いますので、検討してみましょう。

もしカバーがないソファでしたら、市販のマルチカバーなどを利用することもできます。

市販のカバーは、

「伸びる素材でフィットさせるタイプ」
「ブランケットのような大判のカバーを上からかぶせるタイプ」

と2種類あります。

お手入れをかんたんにする方法

カバーをはずして洗濯したり、まめに拭き掃除するのも面倒で…という場合、またはカバーがついていないソファの場合は、上からかぶせるタイプのマルチカバーを利用して、丸洗いするのがおすすめ

まるごと洗濯機へ入れて、洗って、干して、乾いたらまたかぶせる

と、ファスナータイプの専用カバーよりも手間が少なく、心理面でも気が楽です。

布製ソファにシミが付いてしまったら!

布製ソファにシミが付いてしまった場合は、布専用の「シミ抜き」を使って落としましょう。

私は普段、ドイツのDr.Becmann(ドクターベックマン)というブランドのシミ抜きを使っています。

ドクターベックマンは、シミや汚れを専門に研究しているドイツの会社の製品です。
シミ抜きだけでこんなに種類があるの!?というほど、たくさんの種類のしみ抜き剤があるのですが、ソファのシミにおすすめなのが、カーペットステインリムーバーです

「カーペット」とありますが、布製品にはなんでも使えます。

しかも、ペットの匂いを抑えてくれる効果もあるので、ペットのいるご家庭は常備しておくと便利です。

道具や方法さえ知っていれば、それほどシミを恐れる必要はありません。

ソファのダニ対策

布製ソファは、寝具と同様に「ダニ対策」が必要です

ダニ対策手順

  1. 掃除機をかける
  2. カバーがある場合は、定期的に洗濯する
  3. クッションを外せる場合は、時々日干しする
  4. 設置が可能な場合は、ダニ取りシートを入れておく

ダニは人や動物の髪の毛、フケ、垢、食べ物のカスなどをエサとしています。
エサを与えないようにクッションの上やすき間など、掃除機はこまめにかけましょう

また、カビや湿気もダニの好む環境です。
もし座面や背のクッションを1つ1つ外せるようになっていたら、時々日干しするといいでしょう

ここまででも十分な対策ですが、さらに気になる方は、ダニ取りシートを設置すると、より安心です

我が家では、家族にダニアレルギー持ちがいるため、ダニ取りシートを設置して、定期的に交換しています。
うちで使っているのは、「ダニ捕りロボ」という商品で、3か月に1回ほど、座面のクッション下に設置してあるものを交換しながら使っています。

まとめ

布製ソファのお手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

先入観で、布製ソファはお手入れが大変そう・・・と思う前に、お手入れ方法をチェックして、選択肢に入れてみてくださいね☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次