誰でもできる!壁にアートをセンス良く飾る方法 初級編

アート

管理人がお客様から割と頻繁に聞くのが「アートをセンス良く飾りたいけどどうやって飾ればいいか分からない」というもの。

海外の素敵なインテリア写真には、いくつものアートをセンス良く壁に飾っているのをよく見かけますが、 いきなりこんな風に自分でやろうと思うと、中々難易度が高いですよね。

design sponge

今回は、かんたんにセンス良く見せる「4つのアートを飾る方法」をご紹介します。

4つのアートを選ぶ

まずはアートの選び方ですが、同じものを2つ×2組とします。

2つなら、4つを選ぶよりもかんたんですね。

今回お見せする例では、ゴールドのフチの写真立てを2つと、ペットの写真を貼ったアートボードを2つ用意しました。

アートの配置を考える

次にいちばん頭を悩ませるアートの配置についてです。

まず飾る場所を決めますが、最初は小さな空間からはじめるのがおすすめです。
トイレの中、玄関、廊下やリビングの凹んでいる部分など。

飾りたい壁面の寸法をはかり、同じ大きさになるようにマスキングテープを床に貼ります。

そこに、実際にアートを置いてバランスを見ながら配置を考えていきます。

バランス的には、同じ種類のものを対角線上に配置すると見栄えよくなります。
今回は、トイレの壁に4つのアートを飾るとして、こんな感じに床に置いてみました。

壁に設置

配置や取り付ける高さを決めたら、微調整などして実際に壁に設置します。

いかがでしょうか。
思ったよりもかんたんにできたと思いませんか?
ぜひ、ちょっとした場所にも、写真やアートを飾って楽しんでみてくださいね☆

miwa

一級建築士、インテリアコーディネーター、2児のママ。 「ママをきれいにする空間づくり」 をミッションの一つに掲げ、住宅・店舗・ホテル等の設計、内装コーディネ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA